【株価暴落】下落相場をなんとか生き残る

【株価暴落】下落相場をなんとか生き残る

どーも兼業投資家のキバです。

12月ですね。世間はボーナスとクリスマスパーティ、街はネオンで華やかに彩られている中、投資家のみなさん如何お過ごしでしょうか。

今世界の株式市場はかなり厳しい状況となっております。アメリカの中国やイランとの対立問題、まとまらないイギリスのEU脱退問題、解決が見出せない状況に世界中で不安が広がり、各地で株価下落が進行中です。

まず、ここ半年の日経平均(日本の代表的な会社の株価)の推移です。

9月頃の24,000円をピークに継続的に下落を続け、本日ついに21,000円ラインを割り込み20,000円台まで落ち込みました。

ピーク時の株価に比べると83%。日経平均は日銀の買い支えがあるので維持している方ではありますが、アメリカや中国、日本の新興株市場でも多くの銘柄が年初来安値を記録し、売りが売りを呼び日々株価が下落し続けております。

そんな中、2週間前の記事の時は330万くらいのプラスだったキバの株運用成績はというと・・・

楽天証券

含み益が544,678円+確定益が797,572円で1,342,250円

続いてSBI証券

含み益が204,900円で確定益が1,421,172円で1,626,072円。合計すると2,968,322円。

うーん。利益300万切りましたね。2週間でマイナス30万くらいです。まあ10日で100万吹っ飛んだ事もあるから、それに比べたらマシなんですけど。

鳴り物入りで上場したソフトバンクの株価も売り出し価格を割り込んでしまい、初めてIPO(新規公開株。当たるの難しいやつ)に当選したキバも損を掴みました。100株しか買ってないのが救いです。

悪い気配はあったんですけど、IPO当たった事ないし当たったらどうなるのかな、勉強勉強なんでもやってみるもんさで買ってみたら見事なもんです。

とは言え、悪い事だけではありません。今はどこも株価下がっているので将来有望銘柄をお手頃値段で買えるチャンスです。

また、信用取引で売りで入れば逆に株価下落で儲けられるチャンスでもあります。

今は現物取引の売り買いしかした事のない初心者投資家キバが新たなステージに上がるための試練なのかもしれません。

なんとか利益300万台で年を越したいですけど、果たしてどうなる事か。

もっとも目先の利益を追い求めるよりも、将来の株価回復を期待し有望銘柄を仕込んでおく方が、自分の投資理論には合っているので更に資産が減ってもそれはその時です。

皆様良い年末をお過ごしください。何とか乗り切りましょう。

以上、キバの投資報告でした!

資産運用/moneyカテゴリの最新記事